ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

会員登録 (無料) はこちら


Wポイント・プレゼント
キャンペーン開催!

お買い得!
目玉商品のご案内

(詳しくは、画像をクリックください。)


【フォーカス】
便秘と整腸についてのお話



(特集ページにて紹介している商品は
当サイトでご注文可能です。)


家庭の常備薬に
ビタトレール®シリーズを!


(画像クリックで商品リストが
表示されます。)

キーワードから探す


商品カテゴリで絞り込む

特集:整腸剤と生活習慣で便秘体質を治そう ~ 整腸剤のご紹介 ~

便秘体質を治したい。けれど何をすればいいんだろう?

こんな疑問ををかかえた、便秘症状にお悩みの方がいらっしゃると思います。
本ページでは、そんな疑問に答えつつ、あなたのセルフメディケーションの
お役に立つ情報(※)をお伝えできればと思います。

 ※本ページの内容につきましては、本記事の末尾に記載しております「留意事項」
   の項目を必ずご一読いただき、ご了承いただきますようお願いいたします。

 1.”便秘薬”と”整腸剤”の違いについて

Q. ”便秘薬”と”整腸剤”は おクスリとして何が違うの?

A. 便秘薬とは、どうしても自然に「排便ができない時」や「便秘が続いて辛い時」に
 お薬の力を使って排便をさせるためのもの、つまりは”下剤”です。
 あくまで一時的な解決策で、基本的には常用には適さないと言われています。
 便秘薬についての詳しい説明はこちら。 「便秘薬の種類と成分ごとの特徴を知ろう」

 一方、整腸剤はビフィズス菌などの生菌類の作用により、腸内の環境を改善ことを
 目的としています。効果が出るまで時間がかかるお薬ですが、やさしく腸に効いて
 くれるので副作用の少ないお薬(※)と言われています。
 1~2週間毎日飲んでみてから効果の有無を判定し、ご自分の体質に合ったお薬を見
 つけられることをお勧めいたします。

その他にも、生活習慣の見直しによる一般的な改善法があります。
以下に続きますので、ご一読いただければと思います。

  ※整腸剤も医薬品であるため副作用の心配も少なからず出てくるものです。
   服用の際には必ず、添付文書の内容をご確認の上ご使用ください。

 2.便秘対策: 基本は生活習慣の見直しを

  ※以下は、一般的に言われている便秘対策です。無理のない範囲で行ってください。

毎日の習慣について

・朝にトイレに行き排便の習慣をつける

  通常、人の体は寝ている間に便は作られ、朝には排便の準備をすると言われています。
  毎朝時間に余裕をもち、朝食後に便意の有無に関わらずトイレに行きましょう。
  そうすることで自然で規則的な排便習慣が作られるようになるといいます。
  また忙しいために「便意があるのに排便を我慢する」ことを逃すとを繰り返して
  いると、便意を感じなくなっていき便秘を助長させることにつながります。

・三食きちんと食べる(朝食を抜かない)

  朝、食事をとることでさらに腸の蠕動運動活発になり排便につながります。
  また、ダイエットなどをして食事の量が少ないと便秘になりやすくなるといいます。

・適度な運動をする

  自分の無理のない範囲で適度な運動をしましょう。
  無理なくできる「軽いジョギング」や「ウォーキング」、「カンタンな腹筋運動」
  などがおすすめです。
  体を動かすと血流が良くなり腸の動きが活発になるといわれています。

・リラックスする時間を作る

  リラックスすることで副交感神経が働き、腸の運動も活発になります。
  リラックスする時間を意図的に作ること自律神経を整え、「腸が動きやすい時間」
  を1日の中で作りましょう。また、質の良い睡眠を十分にとることも大切です。

食事の習慣について

・善玉菌食材(乳酸菌)を摂る

  動物性乳酸菌(ヨーグルト、チーズ等)、植物性乳酸金(みそ、醤油、
  糖漬け、キムチ等)を積極的に摂取しましょう。

・オリゴ糖を摂る

  善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」を乳酸菌と一緒に摂りましょう。
  ヨーグルトにオリゴ糖シロップをかけて食べるのがお手軽でおすすめです。

・食物繊維の多く摂る

  食物繊維を多く含む食品を、積極的に食事に取り入れましょう。
  食物繊維は便中に水分を蓄え、便の量を軟らかく増加させて、
  大腸の働きを活発にしスムーズな排便を促します。

・水分を十分に摂る

  水の飲む量が少ないと体内の水分が少なくなり、便が硬くなります。
  ミネラルを豊富に含むミネラルウォーターがおすすめです。

・脂肪を適度に摂る

  脂肪(油脂分)は腸粘膜を刺激します。また腸内で潤滑油となり、便をスムーズに
  出しやすくします。特にオリーブオイルは他の油脂より小腸で吸収されにくいので
  おすすめです。

 3.便秘対策:整腸剤を利用してみる
    整腸剤 人気ランキング


 【ご注意】
  ※ランキングには「医薬品」と「医薬部外品」が混在しています。
  ※価格は変動する可能性がございます。リンク先の各商品ページにて正しい価格を必ずご確認ください。

1

【興和】ザ・ガードコーワ整腸錠α3+ 550錠 (第3類医薬品)

2,435 円(税込)

腸で働く納豆菌・乳酸菌・ビフィズス菌の3つの生菌が、腸内の善玉菌の増殖を助け、悪玉菌の増殖を抑えることで腸内環境を整えていきます。
2

【ミヤリサン製薬】強ミヤリサン 330錠 (指定医薬部外品)

1,802 円(税込)

整腸生菌成分の1つであり、生物でもっとも耐久性があると言われている芽胞を形成する酪酸菌(宮入菌)を主成分とした整腸薬です。
3

【大正製薬】新ビオフェルミンS錠 540錠入 (指定医薬部外品)

2,580 円(税込)

3種乳酸菌(ビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌)が生きたまま腸に届いて増え、整腸に役立ちます。
4

【小林製薬】ガスピタン 36錠 (第3類医薬品)

1,378 円(税込)

消泡剤が胃や腸内に発生したガスだまり(腹部膨満)を改善します。3種類の乳酸菌(フェカリス菌・アシドフィルス菌・ビフィズス菌)配合。
5

【東亜新薬】ビオスリーHi錠 270錠 (指定医薬部外品)

2,235 円(税込)

腸内のビフィズス菌を増やし、腸内菌叢のバランスを整え、便通異常を改善します。3種の有益菌(乳酸菌・酪酸菌・糖化菌)配合。
6

【ミヤリサン製薬】強ミヤリサン 90錠 (指定医薬部外品)

748 円(税込)

整腸生菌成分の1つであり、生物でもっとも耐久性があると言われている芽胞を形成する酪酸菌(宮入菌)を主成分とした整腸薬です。
7

ビタトレール 整腸・消化薬ココアルファEX錠 360錠 (第3類医薬品)

1,239 円(税込)

強い働きをもった乳酸菌、納豆菌が腸内で作用し、大腸の調子を正常に近づけると共に、胃の機能を高め、健全な胃を守ります。
8

【第一三共ヘルスケア】パンラクミンプラス 300錠 (第3類医薬品)

1,620 円(税込)

緑麦芽由来の植物性の乳酸菌「ラクボン」と「納豆菌」が、キレイな腸内環境をつくり正常な腸の状態に改善します。
9

【興和】ザ・ガードコーワ整腸錠α3+ 350錠 (第3類医薬品)

1,840 円(税込)

腸で働く納豆菌・乳酸菌・ビフィズス菌の3つの生菌が、腸内の善玉菌の増殖を助け、悪玉菌の増殖を抑えることで腸内環境を整えていきます。
10

【大正製薬】新ビオフェルミンS錠 350錠入 (指定医薬部外品)

1,843 円(税込)

3種乳酸菌(ビフィズス菌・フェーカリス菌・アシドフィルス菌)が生きたまま腸に届いて増え、整腸に役立ちます。
11

【興和】ザ・ガードコーワ整腸錠α3+ 150錠 (第3類医薬品)

1,015 円(税込)

腸で働く納豆菌・乳酸菌・ビフィズス菌の3つの生菌が、腸内の善玉菌の増殖を助け、悪玉菌の増殖を抑えることで腸内環境を整えていきます。
12

ビタトレール 整腸薬S錠 360錠 (指定医薬部外品)

864 円(税込)

3種の乳酸菌(ビフィズス菌・フェカリス菌・アシドフェルス菌)を配合。悪玉菌を抑制し、善玉菌と腸内環境を改善することで整腸力UP!

 4.さいごに

今回は整腸のお話を簡単に記述してみましたが、いかがでしたでしょうか?

日常の体のメンテナンスには、生活習慣や整腸剤が有効だと考えます。
ですが、便秘の状態が継続していて「なるべく早く排便を行いたい」
という方は、便秘薬(下剤)を利用するのも1つの選択です。

当サイトには「便秘薬の選び方(成分)」と「便秘薬の人気ランキング」の記事もございます。
ご興味のある方は、以下のバナーをクリックください。

 5.補足

 本ページに関する留意事項

本ページの内容はあくまで参考にし、購入する際は薬剤師、または登録販売者などにご相談してください。
また使用に際しては、商品の添付文書に記載されている、使用上の注意などをよく読んだ上で、
それに従い適切に使用して下さい。



合計数量:0

合計金額:0円